Google Apps Script

スポンサーリンク
Google Apps Script

GASでStripeのAPIを使用して、支払い結果を取得する

決済プラットフォームである「Stripe」は使いやすくて良いサービスだと思います。StripeにはAPIが用意されているので、APIを用いて、外部からデータを取得したりすると便利です。 GASでStripeのAPIを使用して、Str...
Google Apps Script

GASでStripeのAPIを使用して、顧客を取得する

決済プラットフォームである「Stripe」は使いやすくて良いサービスだと思います。StripeにはAPIが用意されているので、APIを用いて、外部からデータを取得したりすると便利です。 GASでStripeのAPIを使用して、Str...
Google Apps Script

GASでTwitterのAPIを使って投稿(ツイート)する

GASでTwitterのAPIを使って投稿(ツイート)する方法を紹介します。APIを使うと、ツイートの自動化ができたり、色々便利なことが多いですね。 TwitterAPIの利用申請と準備 TwitterのAPIを利用するには申...
Google Apps Script

Parserライブラリを使用してGASでスクレイピングをする

GASでスクレイピングを行いたい場合、正規表現を用いて文字列を抽出するのが基本です。 ただ、正規表現を使うのはちょっと面倒な部分もあるので、良いライブラリはないかなと探していたところ、見つけたライブラリが「Parser」というライブ...
Google Apps Script

GASでBitlyのAPIを使用して、短縮URLを作成する

短縮URLを作成する際に便利なサービスとして、Bitlyがあります。 短縮URLを作成するのに、Bitlyの画面から手動で作成しても良いのですが、BitlyにはAPIが用意されているので、スプレッドシートに記載したURLから短縮UR...
Google Apps Script

GASでkintoneのデータを条件で絞って取得する

前回、kintoneのデータをスプレッドシートに取得する方法を紹介しました。 kintoneから取得する際には全てのデータを取得していましたが、今回は条件で絞って取得するようにしてみます。 kintoneから取得す...
Google Apps Script

kintoneのデータをスプレッドシートに取得する

前回、以下の記事で、スプレッドシートからkintoneにデータを登録する方法について書きました。 今回は、その逆で、kintoneにあるデータをスプレッドシートに取得する方法を紹介します。 使用するkintoneの...
Google Apps Script

Zoho Formsのデータをスプレッドシートと連携してkintoneに登録する

前回、以下の記事で「Zoho Forms」のデータをスプレッドシートに連携する方法について書きました。 今回は、上記の内容を応用して、「Zoho Forms」のデータをkintoneに連携してみます。 Zoho F...
Google Apps Script

GASでSlackのIncoming Webhookを使用して画像付きメッセージを通知する

GASでSlackのIncoming Webhookを使用して、画像付きのメッセージを通知する方法を紹介します。 SlackでIncoming Webhookを設定するには以下の記事をご覧ください。 画像付きメッセ...
Google Apps Script

GASでSlackのIncoming Webhookを使用して通知する方法

手軽にプログラミングできる言語として、Google Apps Script(GAS)があります。サーバーいらずで、Googleスプレッドシートやドキュメントと連携して、自動でSlackへ通知を送ることができます。 SlackのAPI...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました